谷本琳音 TANIMOTO RION

Pick up Girl03

img_pickup5

どんな羽を持った蝶になるのか?

名古屋のクリエイターズプロジェクト『オンナノコズ』でも輝きを見せる谷本琳音(りおん)。
会う度に女の子から女性に向けての階段を上ってるイメージがある。
まるで蝶々が幼虫からさなぎとなり、その殻を破り綺麗な羽を開くがごとく・・・。

4才の時からモデル事務所に所属する彼女は、被写体としてはいろんな表情・アイデアを持ち、高校2年生という年齢の割にはキャリアがある。
仕事内容を問えば、カルビーポテトチップスの広告、名古屋鉄道の企業CM、富士ヨット学生服の広告などに出演、最近ではドラマにも登場しており、良い仕事をしているという感じ。

どこに魅力があるのだろう?
それは年相応であることと、その年相応さ加減を被写体として表現できる優れた感性にあるのかもしれない。
それはクライアントが望む10代の女の子の笑顔や元気、爽快やフレッシュといったポジティブなイメージであったり
女の子から女性になる過程での不安定な女の子の内面や憂いといった表現・・・
その年代だからこそできる表情や表現を、カメラマンや演出の人間が望むクオリティを超えて表現してくれる。
そんな彼女のスキルが発揮されているからであろう。

10代の女の子というイメージが欲しいクライアントにとっては、ぜひ使って欲しいモデルと言える。
ポジティブな表現から、ネガティブな女の子特有の不安定さまで、彼女は見事に表現するはずだ。

しかし彼女にもこれから課題が出来るはず。
それはその年相応感といったものは変化する、ということ。
その変化にどう身をおいて表現できるか、それが課題だ。
制服を脱いだ時こそ、彼女が綺麗な羽を広げて飛び立つときなのかもしれない。

谷本琳音プロフィールページ
オンナノコズ 谷本琳音



pagetop